クラウンの燃費とオススメのポイント

新型クラウンというとどんなイメージをお持ちでしょうか。日本の高級車、セダンの看板といったでしょうか。
クラウンは上質な車を愛する人に好まれ、今も昔も変わらずの普及の魅力あるスタンダードセダンといえるでしょう。最初の発売は1955年、もうすぐ生誕60周年を迎えるまさにベテランの高級車なのです。外車ではなく日本産の高級車でこれほどまでにずっと支持される車があるでしょうか。トヨタクラウンは時代を超えて多くの人に評価される、まさに本物の高級車なのですが。さて、フルモデルチェンジを果たした新型トヨタクラウンですが、どう変わったのでしょうか。車の外観はもとより、車の設備や装備をさらにレベルアップしているクラウンには開発者の思い入れの深さがわかります。
  まずエンジンが直列4気筒エンジンへと改良されました。これによって何を成し遂げられたのかというと、燃費の向上です。近年ハイブリッド車の売り上げがトップを占めています。環境、汚染物質についても一般の人が考えるようになってきました。そこで燃費という問題はどうしても避けられないのです。またクラウンの維持費という問題もあります。カタログでは燃費23.2km/Lとの発表です。現在でもクラウン売り上げ台数の半数以上がハイブリッドというわけですから、消費者のニーズに合わせた変更といえるでしょう。またハイブリッドの車に乗っているということでユーザー自身が地球にやさしい環境を選んでいるという喜びもあるでしょう。
  さらに、実用的な面としてラゲッジスペースが拡大され現在のニーズにこたえたものとなっています。たとえばゴルフ場に行くとき、RV車のほうが適していると思いますか?新型クラウンならラゲッジスペースにゴルフバッグを4つ詰める容積にしているようです。クラウンでゴルフに行きたい、ましてお客様を乗せたり、接待をする方にはこのゆとりは本当に嬉しいでしょう。どれだけ重厚な車でも、スマートにやりくりできる高級車でなければ実用的ではないのです。車を愛する人に喜ばしい今回の新型クラウンの特徴として次にあげるのはカスタマイズの充実さです。今までのモデルと比べてよりカスタマイズが自由にできること。たとえばクラウンアスリートにはフロントスポイラーだけでなくリアスタイリングきっとが用意されています。走りを重視する人のクラウンアスリートは強化ブレーキや仕上げにフォグベゼルガーニッシュもあります。

 まさに高級なクラウンだからこそ引き立つカスタマイズ。自分だけのクラウンをなお一層際立たせるのに必要なアイテムが十分用意されています。スポルティーボバージョンはまさに新型のスポーティーが手に入ります。クラウンだからこそ成しえるこのオーラ。稲妻型のグリルが一層存在感を際立たせています。一方、クラウンロイヤルはロイヤルらしく落ち着きと品の良さを失わせないアイテムが満載。エアロスパッツ、サイドスカート、リアスカートによってスタイリッシュキットが準備されています。新型クラウンをぜひこの目で見て、高級感と走る喜び、そしてユーザー目線に立って作られてたまさに最良の出来上がりを体感してください。

Menu

ページのトップへ戻る